イベントレポート No.1 淡路島生産者見学&体験めぐり

淡路島生産者見学&体験めぐり
3月14日に実施されたイベント「淡路島生産者見学&体験めぐり」に、事務局スタッフが密着取材してきました!
今回は9名のワーホリ参加者が受入企業の枠を越え、淡路市地域おこし協力隊の横山史さんによるアテンドのもと、淡路島のリアルな生産現場をディープに体験していきます。

ほとばしるカロテン~レア人参収穫体験~

淡路島生産者見学&体験めぐり
淡路市のフレッシュグループさんでは、市場に出回ることが少ないという希少なニンジンの収穫体験をしました。普段土に触れる機会がない人も多く、ニンジンのレア度も相まって大盛り上がり!
南あわじ市の農家で就業している参加者は「南あわじは大規模生産が主なのに対し、平地の少ない北部は工夫して農業をしていて興味深かった」と気づきを得ていたようです。

見てよし、食べてよし、吸ってよし。日本初の生パスタ

淡路島生産者見学&体験めぐり
国内で初めて国産生パスタを製造したことで知られる淡路麺業さんで工場見学を行いました。
工場内に漂う小麦粉と卵のいい匂いを胸いっぱいに吸い込めばもうそこはヴェネツィア。創業108年の技術と兵庫県産小麦が織り成すハーモニーは伊達ではありません。
淡路島生産者見学&体験めぐり
パスタのバリエーションも非常に豊富で、30種類以上のパスタが展示されていました。
おしゃれな室内に漂うイタリアンなムード、「キミはペンネみたいだ」「アナタはアルデンテ」みたいな会話もしたくなります。
そしてなんと見学した生パスタが実際に昼食として出され、製造のこだわりや工夫を聞いた後だとより一層おいしく食べることができます!パスタと生パスタ、これほど違うとは。。。

みなぎる国うみパワー・・・伊弉諾神宮参拝

淡路島生産者見学&体験めぐり
「国うみ神話」ゆかりの地である伊弉諾神宮を、横山さんの解説を受けながらめぐっていきます。日本の歴史や伊弉諾神宮の由来など、横山さんからだからこそ聞けるディープな情報に一同興味津々。
日本で最初にできた島であるといわれている淡路島。由緒ある地であることがあまり知られていないことに対して問題意識を持ち、考えをめぐらせている参加者もいました。
淡路島生産者見学&体験めぐり
すこしでもご利益に与ろうと率先して手をかざす事務局スタッフ。
「頭髪感謝」と名づけられたこの像は、「神」が「髪(カミ)」に通ずるところから、理容業界繁栄と髪の毛発展の祈念碑として建てられたそうです。将来を見越した上でのお祈りでしょうか。賢い!


その他、純国産の卵を生産している北坂養鶏場さんでの卵とり体験や、集落営農をされている方からお話を聞く等、あらゆる角度から淡路島の生産現場を知ることができました。
各々の参加者がそれぞれ感じるものがあったようで、見学をしていくにつれてどんどん前のめりな姿勢になっていたのが印象的でした!

参加者の声

「生産者の顔が見える野菜を買ったり、小さなことから日本の農業などの第一次産業を盛り上げていきたいと思った」
「見学を通して感じたのは、全ての人が自分のつくっているものに大きな愛情を注いでいて、自分の仕事に誇りを持っていて、常に前進しようとしていることだった。これからの人生を考える上で貴重な経験になった」
「隠れた需要のある作物や出荷形態を発見・創出することは、農学の知識だけでなく、幅広い分野の知見がなければなしえないことなので、大学での分野横断的な学びに繋げていきたいと考えました」

ふるさとひょうごワーキングホリデーでは、今後もこのようなイベントを実施していきます!
HPは随時更新していくので、ぜひチェックしてみてください!

イベント概要

■ イベント名
淡路島生産者見学&体験めぐり
■ 開催日時
2017年3月22日 10:00~17:00
■ 内容
○産直市場の見学(フローラルアイランド
○生パスタ工場見学(淡路麺業
○日本遺産認定の神宮を参拝(伊弉諾神宮
○集荷場見学と収穫体験、移住就農の体験談(フレッシュグループ
○ちりめん・のり等の生産工場見学(藤本水産
○集落営農の話(五斗長営農
○5%しかいない純国産鶏の卵採り体験(北坂養鶏場
コラム一覧へ